勤怠のことは全てPOSに任せよう|一台あれば便利

開業での支援に役立つ

施術

スポーツには大きな役割

柔道整復師は、接骨院等で患者に対して施術をする専門職の事を言います。骨折や脱臼・打撲、捻挫などの治療に対して外科的手術を行わなずに治療をするもので、整形外科では術後のあと治療の役割を担うケースもあります。この柔道整復師は服薬や手術をメインとする西洋医学とは違い、日本発祥で独自の技術がある事からも、プロスポーツ選手の専属トレーナーとなるなど、非常に注目されています。この柔道整復師が属する協会が柔道整復師会です。柔道整復師会は、それぞれ県にも柔道整復師会がり、柔道整復師の技術向上や資質向上の取り組みを行っています。また柔道整復師会は医療保険改革や柔道整復師の養成にも注力をしています。他の柔道整復師との交流もこの会に属する事で可能ですし、様々な情報を得る事も出来ます。柔道整復師は国家資格の取得が必要ですが、資格取得後すぐにでも開業する事が可能です。この独立には様々なノウハウが必要ですが、独立にあたっての支援や情報収集もこの柔道整復師会から得る事が出来ます。近年はスポーツに携わる柔道整復師ではなく、福祉業界ではデイサービスの利用者に対して機能訓練を行う指導員としての柔道整復師も注目されています。このように活躍の場は広がってきていますが、柔道整復師は自らトレーナーになる他、経営者として接骨院を運営する、自らの独立開業経験を活かして独立開業を支援する等、柔道整復師としての選択は幅広くなってきているといえます。このような点において、柔道整復師会も注目されています。