勤怠のことは全てPOSに任せよう|一台あれば便利

経理の効率化を目指す

アプリ

個人で店を始める

個人でお店を始める際に大切なのが、経理をどうするかです。売り上げの計算に始まり、毎日の会計管理や仕入れの決定まで、お金に関してやることは非常に多いのです。特に開業直後の時期は、時間も人手も足りず、管理が不十分という事態もままあります。そうした状況に役立つのが、タブレット端末を使ったレジアプリの導入です。これは、特に小規模店舗や個人経営の店に向いた売り上げ管理方法です。それというのも、レジアプリは、売り上げの結果がそのままデータ蓄積され、会計に反映されるからです。さらにほかのソフトと連動させれば、帳簿つけも自動で済ませられます。個人経営の店では、やらなければいけないことも多いため、帳簿つけの時間が減るだけでも、大きなメリットとなります。加えて、レジアプリは、売り上げ管理と入出金管理の一元化もできます。入出金は、光熱費や材料費など、売り上げ以外でのお金のことです。特に小さな店では、これらを分けて現金を管理するのは煩雑ですし、手間も多くなります。その点、タブレットひとつに集約して管理できれば、分かりやすく手間もかかりません。そしてレジアプリのさらなる利点は、売上機会を逃すことが減るという点です。会計時に、何が何個売れたか、何時に客が多かったかまで情報が残るので、正確な在庫管理とデータ分析が可能です。それをもとに、仕入れを調整したり売り方を工夫して、効率よく利益アップとロスカットが目指せるのです。